注意して確認

お昼休み

デザイン性が高い家について考えてみました。昨今、家はおしゃれでデザイン性が高い間取りが取り込まれつつありますが、デザインと利便性、快適性については反比例するケースもありますので、気をつけなければなりません。 例えば、今ではメジャーな構造である吹き抜け構造について、一見オープンスペースで見栄え的にも大変良いですが、空間が広くなるがゆえに、冷暖房の効き目が弱く、冬はなかなか温まりにくい環境となります。 家はアパートとは異なり長く住むものですから、一時のデザイン思考だけで間取りを決めたり、外観を決めたりする事はせずに、長い目で見てどのような構造が生活する上で適しているのかを予想した上で家の構造を考えると良いです。

注文住宅を建築家に依頼する場合、家のデザインについて明確な希望がある場合と、そこまで明確ではない場合とでは、設計アプローチの仕方が変わってきます。 依頼主が、家のデザインに対してすでに明確な希望を持っている場合には、建築設計者にその旨をハッキリ伝えましょう。設計者はその意図に対して最大限に対応してくれるはずです。土地の形や大きさなどの立地条件も加味して、できるだけ希望に沿ったデザインを提案してくれるはずです。 一方、家のデザインに対して明確な希望がない場合でも、設計者に依頼主が持つイメージを伝えることは大切です。プロの知識から、最適な家のデザインを一緒に導き出してくれます。一般の人が知りえないような、家の機能についての提案をしてくれることもあります。